JAMU、「Fanplayr」で顧客解析を 

検索

「ツールを使いこなそう」

JAMU、「Fanplayr」で顧客解析を 

2017年05月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

金融取引の技をECに応用

元ロイター金融取引システムを提供していた技術者が集結し、開発したWeb接客サービス『Fanplayr』。1秒で何百万円、何千万円の損得になる金融業界。その考えをEC向けに置き換え、「目の前のお客さんを逃さない」販売促進サービスだ。ファッションのNEWYORKERや海外ではGUESS、Lenovo、マセラティなど大手企業が利用している。運営するのは、JAMU(東京都世田谷区)。

訪問者は4つに分かれる

『Fanplayr』の最大の特徴は、リアルタイムにクーポンを表示し売上アップを図る点と、質の高い顧客解析力。

「ネット上での買う人、買わない人の行動パターンを分析し、すべてを数値化するんです」(上田英明CEO)

数値化することによって、それぞれに合わせた接客をWeb上で自動に行う。

「例えばクーポン。必ずプロパー価格で購入するお客様に、クーポンを出しても意味が無い。クーポンのばらまきをせず、出さない制御をして売上利益を最大化します。まさに無駄なコストを削減するカリスマ店員がいるようです」(上田英明CEO)

逆に「購入を迷っている人」、「買い物かごにアイテムを入れたが出そうとしている人」など各々のタイプに合わせ、リアルタイムで最適なタイミングを見極め、クーポンやバナーを表示し売上げアップにつなげる。

こんな人は使おう!

・ECサイトをどう運用していいか分からない...

・クーポンが常態化して、客単価が低い...

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

415号(2017/05/10発行)11面

Page top