シナビズ、「ワケあり商品」販売サイト

検索

シナビズ、「ワケあり商品」販売サイト

2017年08月02日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

消費者向けに開始

オークファンの子会社シナビズ(東京都渋谷区)は、賞味期限が迫った食品・飲料、旧パッケージ品、生産過剰品など、品質には問題のない「ワケあり商品」に特化した消費者向けの販売サイト「WAKEARY(ワケアリー)」を開始した。

従来、同社では業者向けに「ワケあり商品」を販売していたが、在庫処分を検討する企業から「直接消費者に販売をしてほしい」という要望が多く、この消費者向け販売サイトを立ち上げた。

ワケアリーでは、これまで取り扱うことができなかった商品を中心に、より多くの企業の在庫処分の要望に応えるため、取扱い商品を徐々に増やしていくという。

同社は本サービスを通じ、流通販路を拡大し、廃棄処分量の大幅削減を目指す。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

420号(2017/07/25発行)20面

Page top