フローレス書類送検、無登録の象牙取引か

検索

フローレス書類送検、無登録の象牙取引か

2017年09月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

象牙を無登録のまま取引きしたとして、種の保存法違反の疑いで貴金属商「フローレス」の社長やお客が書類送検されたと報道されている。

象牙はワシントン条約で国際取引が規制されており、国内では無登録象牙の譲り渡し等が禁じられている。だが、同社はお客から無登録の象牙9本を引き取った疑いが持たれている。

同社は登録申請のために象牙を預かっていたと供述しているよう。

背景には、6月2日に行われた象牙を取り扱う事業者に対する規制強化がある。国際的に象牙管理強化が求められており、日本も環境省が象牙在庫把握キャンペーンを開始している。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

423号(2017/09/10発行)2面

Page top