俺のオークション、初競り出来高1億5000万円

検索

俺のオークション、初競り出来高1億5000万円

2017年09月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

230人参加で盛況

オリンポスセブン(東京都中央区)が運営するブランド系古物市場「俺のオークション」の初競りが9月12日、東京・田町で行われた。出来高が1億5000万円、参加者が230人にのぼる盛況ぶりだった。

賑わう初競りの様子賑わう初競りの様子(延べ230人が参加)

ブランドバッグや財布等の小物類を中心に3000点弱を出品。参加者はネット事業者、ブランドリサイクル店、質店など。「これまでの10数年のつながりや、パンフレットなどの広告の効果があり、予想以上の参加者数でした」(石井竜二社長)。

平均落札額は約5万円だったが、シャネルのカゴバッグ150万円、エルメスのサマーベッド60万円と高値で落札されるなど、目玉商品が会場を沸かせた。

今後は参加者の顔ぶれのバランスが取れるよう、新規会員獲得にも力を入れていく。「これまでの振り手としての経験を活かして、他にはない、楽しく参加できる市場を目指します」(石井社長)。

同市場は毎月第2、第4火曜日に開催。入会金1万円で、参加費3500円(食事付き)。歩銭は売り歩なし(4%キャッシュバック)、買い歩10%。内税方式。

オリンポスセブン 石井竜二社長オリンポスセブン 石井竜二社長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

424号(2017/09/25発行)3面

Page top