シナビズ、卸モール〝ネッシー〟で海外注文に対応開始

検索

シナビズ、卸モール〝ネッシー〟で海外注文に対応開始

2017年10月02日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

落札価格比較のオークファン子会社のシナビズ(東京都品川区)が8月8日、BtoB卸モール「ネッシー」上で海外からの仕入れに対応する代理購入を開始した。海外発送サービスを手掛けるBENLY社と協業して行う。サプライヤーにとっては、販路が海外に広がることになる。

代理購入

ネッシーは多様なジャンルの新品・新古品等を常時150万〜170万点掲載し、年間流通額は約80億円。アクティブバイヤー数は30万人強おり、全体の5%ほどが海外バイヤー。兼ねてから中国・香港・台湾・ベトナム等から仕入れたい要望が寄せられていた。ネッシー単独では通関手続きや海外決済・カスタマー対応などが困難なため、BENLY社と協業した。

海外からネッシーにアクセスがあった場合、特設ページに飛ぶバナーが表示される。海外バイヤーは購入を決めると、BENLY社がサプライヤーから代理購入。同社の国内物流拠点に商品を送ってもらい、海外バイヤーに発送する。

なお代理購入は、サプライヤーの承認のもと行われる。「サプライヤーにとって海外流通NGな商品の場合、ネッシー側で類似商品の代替提案などを行います」(鈴木取締役)

シナビズ 鈴木信也取締役ネッシー事業部部長シナビズ 鈴木信也取締役 ネッシー事業部部長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

424号(2017/09/25発行)6面

Page top