LISUTO、複数EC併売を容易に

検索

LISUTO、複数EC併売を容易に

2017年11月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

掲載済品、マルチチャネルに

国内外複数ECモールへの一括出品ツール「LISUTO!(リスト)」を提供するLISUTO(東京都港区)が、7月にバージョンアップを実施した。

LISUTO!を使えば、国内の楽天市場、ヤフオク!、独・英・豪州のeBayやアマゾンなど合計約10サイトに同時出品・在庫同期・多言語翻訳が可能。今回の刷新で、既にネット掲載済みの商品を簡単に複数ECモールで併売できるようになった。

ネット商品のマルチチャネル化&多言語翻訳が可能

「既存の商品データを自動で取り込み、簡単にマルチチャネル化できます」(ニール・プラテック社長)。CSVファイルで商品データを取り込めば、AIがジャンル、商品名、管理番号などを各ECモールに沿った項目に紐づけ、自動で一括出品する。

また新しく出品を行う場合、LISUTO!上の商品カタログ120万〜130万データから検索し、該当商品を選択するだけで良い。サイズ・付属品・素材・商品状態入力や商品写真の選択も、クリック操作を続ければ完了する。「カタログに無い商品でもテンプレートから新規作成可能です。来年は1000万商品のカタログ登録を目指す」(プラテック社長)。

LISUTO!は昨年3月、ブランド品真贋判定システムを提供するイーレディーがリリース。今年1月に分社化したLISUTO社が現在運営している。

三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、大和コーポレーション等から約4・5億円の資金調達も行っており、商品カタログ機能の強化やAIセンターへの投資に充てている。今後さらなる資金調達も行う予定で、IPOを目指すと言う。日本・米国・中国で特許取得済みで、欧州でも出願中だ。

LISUTO ニール・プラテック社長LISUTO ニール・プラテック社長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

427号(2017/11/10発行)6面

Page top