アクティブソナー、インドネシアECと提携

検索

アクティブソナー、インドネシアECと提携

2017年11月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

グローバル展開を加速

アクティブソナー(東京都港区)が11月11日、インドネシア最大級のファッションEC「VIP PLAZA」と提携を開始した。アクティブソナーが展開する高級ブランドの委託販売・買取サービス「リクロ」の商品を販売する。

インドネシアのファッションフラッシュセールスサイト「VIP PLAZA」インドネシアのファッションフラッシュセールスサイト「VIP PLAZA」

これによりインドネシアの消費者は、日本に行かずに、リクロが鑑定した「チェックド・イン・ジャパン」のリユース品を購入出来るようになった。

アクティブソナーの青木康時社長は「インドネシアは、2年程前から中古の高級ブランドショップが出店しリユースニーズが増加している」と、同国に販路を広げた理由を話す。今後は、早期に1万点の商品掲載が目標。

同社は、昨年10月にハイホープグループと提携し中国版リクロを開始したことを皮切りに、グローバル展開を積極的に進めている。現在は世界約200ヵ国で同時併売できるネットワークを構築。海外売上構成比は、北米が50%以上を占め、次いで中国を中心にアジアが約30%。今回の提携でアジア圏の比率を45%まで引き上げる計画。

尚、現在30社以上のリユース企業から委託で商品を預かり、国内外のチャネルで販売も行っている。「パートナーを募り、さらに海外へチャレンジする」(青木社長)。

アクティブソナー 青木康時社長アクティブソナー 青木康時社長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

428号(2017/11/25発行)2面

Page top