ひと工夫レポート リサイクルショップオサム 目に付くシンプルな貼り紙

検索

「ひと工夫レポート」

ひと工夫レポート リサイクルショップオサム 目に付くシンプルな貼り紙

2017年12月06日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人が集まるところには必ず理由がある。どんな工夫を凝らしているのかレポートする。

出張買取は週10件以上

大きな黄色の看板が特徴的大きな黄色の看板が特徴的。店内は約40坪の売り場に、単価1万円程の家具・家電を多く揃えている

地元の高齢者をはじめ地域住民向けに、家具・家電、生活雑貨などの不要品買取りや、店頭販売を行うリサイクルショップオサム(東京都足立区)。同店では、来店者にわかりやすい貼り紙を作り、買取り依頼に繋げている。

「店先に出している洗濯機などに、直接貼り紙を。すると、気になって皆さん見てくれますので」(中條紀子社長)。大切なのは目に付きやすいこと。実際に週に10件程の不要品買取り依頼を受けている。「紙にマジックで書く。それを店先の商品自体に貼ります。シンプルでわかりやすいですよ」(中條社長)

店先に置いている洗濯機に添えた買取案内の貼り紙店先に置いている洗濯機に添えた買取案内の貼り紙

代表を務めて17年の中條社長は、長年の経験から古い家にはどんな良い物が眠っているか熟知している。古い万年筆や携帯ラジオなどは需要があるようだ。最近ではヤフオク!などでネット販売もしている。

訪問先では、体を動かせず掃除もままならない家庭も。そんな時にサービスで片付けをすると感謝を受け、信頼を得るようだ。

リサイクルショップオサム 中條紀子社長リサイクルショップオサム 中條紀子社長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

428号(2017/11/25発行)12面

Page top