古着の検定スタート、「ヴィンテージファッション検定」

検索

古着の検定スタート、「ヴィンテージファッション検定」

2017年12月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一般社団法人ヴィンテージファッション検定(東京都江戸川区)が2017年9月に設立された。ヴィンテージ古着の知識と理解を深めると共に、バイヤー育成と偽造品の排除を目指す。

会員募集に先だって、50年代を対象とした古着イベントを原宿で開催した会員募集に先だって、50年代を対象とした古着イベントを原宿で開催した

「現在、タイを中心にアジア各国でヴィンテージ古着の人気が高まっているが、その反面、近年多くの偽造品も見られるようになった。インターネットオークションやアメリカ経由で日本に入って来ることもある」(小井貴弘理事長)。そのため、真贋のスキルを学ぶ講習会や検定制度、鑑定書の発行を実施することにした。

まずは講習会を実施し、順次受験者を募る。検定はジュニア(初級)、プレイヤー(中級)、マスター(上級)(いずれも仮名称)の3段階の検定を予定。今後はスニーカー、デニム、アロハ、ミリタリー、スカジャンなど専門検定の構想もある。

検定を主催するのは同法人内のヴィンテージファッション協会。会員にならなくても受検や講習は受けられるが、会員は優先かつ低価格で受検・受講ができる。具体的な受験料は未定。

ヴィンテージファッション協会の理事には、原宿の老舗アメリカン・ヴィンテージショップ「ベルベルジン」のディレクターで、ヴィンテージデニムアドバイザーとしても活躍する藤原裕氏も就任する。

協会は2018年の会員募集に先だって11月3日と4日に、原宿で50年代を対象とした古着販売イベント「50's Vintage & New Clothing Market」を開催。8店舗が出店し、多くの集客を集めて成功した。

ヴィンテージファッション協会理事 藤原裕氏ヴィンテージファッション検定 協会理事 藤原 裕氏

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

429号(2017/12/10発行)4面

Page top