七宝会が1月で閉会、40年の歴史に幕

検索

七宝会が1月で閉会、40年の歴史に幕

2018年02月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

質店系のブランド古物市の七宝会(事務局・東京都杉並区)が1月の競りを持って閉会、約40年の歴史に幕を閉じた。

同市場は、東質共栄会、練馬五十会、滝野川会、豊島会とともに関東五大市場と呼ばれ、有力な古物市場として知られていた。入会審査の厳しい質店系市場の中で、初めて外国人バイヤーの入会を認める等、先駆的な取り組みも行っていた。ただ、近年はリユース系の古物市場が乱立する中で出品が減っており、数年前から存続が危ぶまれていた。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

433号(2018/02/10発行)2面

Page top