俺オク、築地常設会場に移転 開催日増も視野に

検索

俺オク、築地常設会場に移転 開催日増も視野に

2018年03月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

俺オク、築地常設会場に移転 開催日増も視野に


オリンポスセブン(東京都中央区)が主催するブランドバッグ等を競る平場の古物市場「俺のオークション(略称:俺オク)」 が開催会場を移転し、6月から築地に常設会場を設けることが分かった。現行の月2回開催から開催日を増やすことも視野に入れていると言う。

俺オクは、毎月第2、第4火曜日に開催。ブランドバッグ等の革製品を中心に毎回2000〜2400点が出品される。出来高で平均7000万円の規模だ。3月27日で浜松町での開催を終了し、4月から築地での開催となる。当初は会議室での開催となるが、その会議室に俺オクが6月から入居するため、開催会場はそのままとなる。常設会場とすることで、常時出品物の 受け入れを可能とするなど利便性を高める。

事務所を併設することで運営の効率化も図る。石井竜二社長は「常設会場に移行した後には、開催日を増やすことも検討していきたい」と話す。

29527579_1742504075869476_234902821_o (1).jpg
▲石井竜二社長
記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第436号(2018/03/25発行)4面

Page top