トリアイナが立ち上げた「ヴィンテージ・カメラ・オークション」、ここ2回の平均出来高は2000万円

検索

トリアイナが立ち上げた「ヴィンテージ・カメラ・オークション」、ここ2回の平均出来高は2000万円

2018年07月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トリアイナ
カメラ古物市開催
出品1300点超、出来高2000万円

出張買取事業を展開するトリアイナ(東京都豊島区)が5月に立ち上げた、カメラの古物市「ヴィンテージ・カメラ・オークション」が、6月8日に2回目を開催した。

カメラを専門に実店やネットで販売する業者等23社が参加、出品点数は1300点以上。

6A画像さしかえ.jpg

▲参加者用のうちわを持つオークショニアの及川敏勝氏

この日の出来高は非開示だが、ここ2回の平均出来高は2000万円。
出品された商品はニコンペンタックスライカマミヤなどのフィルムカメラ本体やレンズなど。

出張買取案件を月8000件受けている同社が自社で仕入れた商品と、他社から出品を受け付けた商品で構成している。

現在は売り・買いの両方に参加する業者はおらず、同社は今後、両方を可能にする体制を整えていく。

オークショニアの及川敏勝氏は、「古物市への参加自体が初という人が多く、親切・丁寧な進行を意識した」と話す。

また参加者には番号が付いた大きなうちわを配布し、落札者を明確に判断するなど工夫をした。

イーベイでフィルムカメラを販売していると言う参加者の1人は、「商品は全体的に保存状態が良かった。声も挙げやすく、4点で計6万円分落札できた」と語る。

6A-1.JPG
▲競りの様子。参加者は配布されたうちわを挙げて発句する

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第442号(2018/06/25発行)6面

Page top