オフィスバスターズ、レンタル事業本格化で3年後3億円目指す

検索

オフィスバスターズ、レンタル事業本格化で3年後3億円目指す

2016年06月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

内田洋行コラボで新サービスも

オフィスバスターズ(東京都千代田区)が、2020年に向けてレンタルサービスに注力する。

一昨年にレンタル事業の子会社「レンタルバスターズ」を立ち上げ、昨年12月には大手オフィスメーカーの内田洋行とコラボし、レンタルサービスをリリースした。

3年後にレンタルバスターズ単体で3億円を目指す。

オフィスバスターズと内田洋行の共同開催セミナーで話す天野太郎社長。オフィスバスターズと内田洋行の共同開催セミナーで話す天野太郎社長。
同セミナーには環境省の担当者も登壇し、リユースの重要性について話した

「2020年の東京五輪に向け、仮移転や期間限定のプロジェクトが増えている。必要な期間、数だけ使用でき、経理処理も簡単にすむレンタルが重宝されるでしょう」

オフィスバスターズの天野太郎社長は、内田洋行と共同で開催したセミナーでそう話した。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

394号(2016/06/25発行)2面

Page top