《Shop探訪》水中書店、ネット販売0で年商1400万円 実店舗の魅力磨き続ける

検索

《Shop探訪》水中書店、ネット販売0で年商1400万円 実店舗の魅力磨き続ける

2019年10月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5-B②.jpg▲店内は本がカラフルに並ぶ

三鷹で古本店を運営する水中書店(東京都武蔵野市)は、ネット通販に安易に手を出さず、実店舗づくりに注力をしている。常連客の絶えない店作りの秘訣を聞いた。

マンションの1階部分にある店内には、所狭しと古本が並ぶ。よく見ると、陳列棚には赤、青、白、ピンクと様々な色の本が並び、法則のない不思議なリズムを感じる。「いかに棚に手を掛けるか、いかに本をよく動かすかを意識している。基本的に著者のあいうえお順で陳列するが、色や背の高さが重ならないように並び替えることも多い」(今野真店長)

5-B①.jpeg▲今野真店長

そんな水中書店の年商は1200万~1400万円で安定した推移を見せる。販拡のためのECサイト出店はしない。売上のために、実店舗がネット通販の倉庫になってしまうと考えるからだ。

集客は、自作のショップカードなどの紙媒体や、時折更新するSNSで行っている。「即時性はないが、ゆるい反響がある」と今野店長の表情は明るい。メインの客層は20~40代男性で、1日に100人~120人ほどが足を運ぶ。

水中書店の開業は14年。近隣に住む子どもにも親しまれるよう、店名にはあえて簡単な漢字を選んだ。

今後は夏の売上を伸ばすため、催事への参加を企画している。「毎年夏は売上がどこの古本屋も落ちる。夏に古本や詩歌・俳句の催事をするだけでだいぶ変わると思う」(今野店長)

▼関連記事はこちら
《トップINTER VIEW》テイツー 藤原 克治社長、自衛隊や湯原温泉とコラボ
二十五年堂、自社HPを開設 商圏を全国拡大
《Shop探訪》レオナルドET、車プラモデルの買取強化 「CtoCの影響小さい」

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第473号(2019/10/10発行)5面

Page top