「買収」に関する記事一覧

検索

「買収」に関する記事一覧

  • 【速報】バリュエンスHDがネオスタを買収

    市場動向・行政・団体

    2020年08月20日

    ネオスタンダードの屋号は当面残す リユース大手のバリュエンスホールディングス(東京都港区)は8月20日、同社の連結子会社が買取専門店を展開するネオスタンダード(東京都墨田区)の全株式を取得すると発表した。取得額は非公表。...

  • テイツーが山徳を買収

    本・ゲーム

    2020年06月11日

    EC強化 中古売上の1割目指す 「古本市場」などを約100店展開しているテイツー(岡山県岡山市)が、中古ゲームやトレカ、アイドルグッズのネット販売を行う山徳(石川県金沢市)を買収した。6月1日に山徳の全株式がテイツーに譲...

  • ギャラリーレア、攻めの営業で海外取引比率6割今後は商材の多様化を目指す

    バッグ・時計・宝飾品

    2020年01月21日

    直撃!急成長企業 ギャラリーレア(大阪府大阪市)の業績が好調だ。同社はブランドバッグや腕時計の売買、ブランド古物市場を運営。19年2月期の売上は前年の80億円からほぼ倍増して152億円だった。太田延彰社長に急成長の要因、...

  • トリアイナが札幌BJK買収 LIPSと共同でオークション

    古物市場・業者支援

    2020年01月09日

    買取販売や古物市場運営を行うトリアイナ(東京都江東区)は1月9日に北海道札幌でオークション事業等を手掛けるBJK(北海道札幌市)を買収する。また、来年3月から同事業を札幌で行うLIPS(北海道札幌市)と共同でオークション...

  • K-ブランドオフ、ブランドオフ買収の経緯と再建の手応え

    バッグ・時計・宝飾品

    2020年01月03日

    コメ兵傘下で再出発、再建には手応え K-ブランドオフ 山内祐也社長 2019年にリユース業界内で最も注目を集めたと言っても過言でないM&Aが今月3日に成立した。中古ブランド最大手コメ兵による、同業ブランドオフの買...

  • グローバルトレード、大阪屋を買収「看板を残したい」との想いから傘下決意

    その他

    2019年12月25日

    ブランド品の買取販売や質預かり等を手掛けるグローバルトレード(以下、GT:東京都港区)は12月11日、神奈川県を中心に展開する同業の大阪屋(神奈川県横浜市)を買収した。 大阪屋は昭和2年の創業、神奈川県では有数の老舗質店...

  • ゲオホールディングス、2020年3月期第2四半期連結業績

    アパレル

    2019年12月13日

    ゲオホールディングス(愛知県名古屋市)の2020年3月期第2四半期連結業績は、売上高が前年同期比4.1%増の1380億円、営業利益は同37.4%減の46億円と増収減益だった。 減益の主因は、出店に伴う家賃や人件費等の増...

  • コメ兵、ブランドオフ買収手続き完了

    バッグ・時計・宝飾品

    2019年12月10日

    中古ブランド最大手のコメ兵(愛知県名古屋市)は12月3日、同業のブランドオフ(石川県金沢市)の買収手続きを完了した。創業者の安山勉氏は新会社K-ブランドオフには参画せず、実質退任する形となった。 安山勉氏 ブランドオフは...

  • 【速報】コメ兵がブランドオフを買収

    バッグ・時計・宝飾品

    2019年09月25日

    中古ブランド最大手のコメ兵(愛知県名古屋市)が同7位のブランドオフ(石川県金沢市)を買収する。9月20日、スポンサー支援に関する基本合意書を締結することを発表した。ブランドオフの債務は継承しない形で完全子会社化を目指す。...

  • リユース業界に再編の波 フリマアプリの脅威が招く3つの将来不安

    市場動向・行政・団体

    2019年05月09日

    リユース業界に再編の波が押し寄せている。背景にはフリマアプリ市場の拡大を起点としたマーケットの急速な変化があると見られる。国内市場は拡大傾向にあるものの、BtoC分野においては成熟期を迎えており、今後も再編が進むことにな...

Page top