リサイクル・リユース市場を読み解く業界唯一の経営情報専門紙 リサイクル通信
リサイクル通信|業界の情報をお届けします
リサイクルショップを運営されている方にもおすすめの情報が満載です
呼びかけに応じてくれた中古事業者たち

トピックス|リサイクルショップ経営の方は必見

業界の動向、商材の情報など注目情報を取り上げます。

31社の協力で430本分の植樹活動をアフリカで行うことになりました
環境保全活動を行うNGO「緑のサヘル」に資金を提供し、
アフリカ・サヘル地域での植樹活動を応援します。
アカシアやミモザ、果樹など20種類の樹木の中から植林エリアに合った苗を植えます。
サヘルとは、アラビア語で「岸辺」という意味です。
かつてサヘルは、キャラバンがサハラ砂漠から帰ってきて、一番はじめに見る緑の岸辺でした。
夜にはゾウやライオンなど野生動物が現れる、植物・人間・動物が共生している豊かなアフリカだったのです。
しかし今では、「飢餓ベルト」と呼ばれています。
住民が慢性的にお腹を空かせており、作物が育ちません。砂に埋もれてしまう家もあります。
いったいなぜなのでしょうか。
様々な理由がありますが、その中でも重要なことの一つに、『木陰がないこと』があげられます。
木陰がないと、大地に直射日光があたり地中の水分を蒸発させてしまいます。
また、雨季に入って雨が降っても木の根が張っていない大地からは栄養分が流れ出し、
乾いたころにはコチコチの土地になってしまうのです。こうして砂漠化が進むと、砂嵐がひどくなります。
防風・防砂の役目を果たす林が無いので、サハラ砂漠からの砂が吹き込み、埋もれてしまうムラもあります。
この負のスパイラルから抜け出すためには、植林が必要なのです。
ただ木を植えればいいというわけではありません。
育つのは早いけど、地中の栄養分の浪費が多い木。根の間に栄養を蓄えることができるけど成長の遅い木。
水の少ないサヘルで、住民の飲み水を犠牲にしない方法。
様々なことに配慮しながら、本当に意味のある植樹を行わなければならないと知りました。
それを行っているのが、NGO「緑のサヘル」です。
リユース業界で集めた寄付金を「緑のサヘル」に託し、植林活動を行ってもらいます。



リユース業界の専門誌「リサイクル通信」に、
各社の環境活動への思いを意見広告として出稿してもらいました
新聞の紙面をサヘルの枯れた大地にみたてて、企画に賛同してくれた会社が植樹するというコンセプトです。

広告費の一部を、緑のサヘルに託して植林活動に活用してもらいます。
環境ビジネスを行うRAUL株式会社のサポートを得て企画。
31社の協賛で、430本分の寄付金が集まりました。



株式会社シー・アイ・シー
株式会社サンセットコーポレイション
株式会社タックルベリー
株式会社ヘイプ
株式会社T・A・S
株式会社キングファミリー
株式会社ビューティガレージ
株式会社ブックマートグループ
株式会社エイヤー
株式会社イー・エフ・オー
ネットオフ株式会社
日本リユースシステム株式会社
株式会社プラスモア
株式会社ネゴシエーター
システム・ロケーション株式会社
株式会社オークファン
株式会社ドリームファクトリー
ジャパンオークションセンター
株式会社ハードオフコーポレーション
株式会社プラスサービス
株式会社川上キカイ
株式会社パシフィックネット
株式会社エコリング
株式会社トレジャー・ファクトリー
アンツ
株式会社マーケットエンタープライズ
株式会社イーエックス
株式会社メディエイター
株式会社ジェイランド
株式会社セカンドストリート
株式会社ベストライフ



事務局長 菅川 拓也

リユース業は
モノを捨てたくない、無駄を出したくないという
今の時代にマッチしたビジネス。進んでいる業界だと思います。
それだけでも評価されるべきなのに、それに加えてこういう取り組みに
乗り出すとは、視野の広い業界だと感じました。 


 







リサイクル通信onlineに掲載する記事・写真の無断転載を禁じます。著作者はリフォーム産業新聞社またはその情報提供者に帰属します。
株式会社リフォーム産業新聞社 〒104-0061東京都中央区銀座8-11-1 TEL:03(6252)3451/FAX:03(6252)3461
Copyright c 2000-2009 The Remodeling Business Journal. All Rights Reserved.