シェアエコ協会、東京をシェアリング・シティに

検索

シェアエコ協会、東京をシェアリング・シティに

2017年01月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小池都知事に提案

シェアリングエコノミー協会代表理事の上田祐司氏と重松大輔氏が12月26日、東京都の小池百合子知事と面会し、シェアリングエコノミー協会日本ブロックチェーン協会と共同でプレゼンテーションを実施した。

小池百合子都知事(中央)と代表理事の上田祐司氏(右)と重松大輔氏(中央左)小池百合子都知事(中央)と代表理事の上田祐司氏(右)と重松大輔氏(中央左)

小池知事の掲げる3つのシティ「ダイバー・シティ、セーフ・シティ、スマート・シティ」に対し、上田代表理事はシェアリング・シティで実現できることを説明。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックを例に、ボランティアや資金調達・移動手段・国際交流・宿泊やイベントスペース確保にシェアリングエコノミーを活用できることをプレゼンテーションした。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

408号(2017/01/25発行)1面

Page top