大塚家具、中古家具の名称「リワース」に決定

検索

大塚家具、中古家具の名称「リワース」に決定

2017年10月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大塚家具(東京都江東区)は、一般公募による「新しいリユース家具」の新名称を「RE-WORTH(リワース)」に決定した。3277件の候補の中から、選考委員が選んだ。

それに伴い、同社が展開する専門店の名称を9月30日より「OUTLET&RE-WORTH(アウトレット&リワース)」に変更する。

「新しいリユース家具」とは、正しくリペアを施すことで、アンティーク家具やヴィンテージ家具のように古い時代のものでなくても、価値を取り戻したり新たな価値を加えたりする、従来の日本のリサイクルとは異なる考え方の家具のこと。「再び(Re)価値(worth)あるものに」という意味を込めた。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

425号(2017/10/10発行)1面

Page top