エコリング、BtoBのWEBオークション

検索

エコリング、BtoBのWEBオークション

2017年10月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年間売上100億円目指す

ブランド品・貴金属を中心とした総合買取店を約80店展開するエコリング(兵庫県姫路市)が、BtoBのWEBオークション事業に乗り出す。リアルの卸センターを閉鎖し、WEBでのリアルタイムオークションに舵を切る方針だ。毎週水曜の開催で、初競りは11月8日を予定している。

名称は「エコリング・the・オークション」。ブランドバッグ・時計・ジュエリー等、エコリングの在庫をリユース業者向けにWEB上で競りにかける。1回あたり2000点以上、想定落札額ベースで約2億円分の商品を用意する。バッグ3割、時計3割、ジュエリー4割(金額ベース)の構成だ。

同オークションは毎週水曜の10時にスタートし、WEB上でリアルタイムに競り上がる。バイヤーはPC・タブレット端末等から最大2レーンで応札可能で、レーンは商材ごとに分かれる。また商品価格に応じ、1000円、5000円、1万円の3種類のピッチで入札を行える。1商品30〜60秒で売買成立する見通しだ。

エコリング the オークションのイメージエコリング the オークションのイメージ

ネットで入札できる仕組みを提供し、決まった日程や会場までの距離など「仕入における物理的な制約を無くしたい」(桑田一成社長)と話す。当日オンライン競りに参加できないバイヤーは、WEB上での下見期間(3日間)で事前入札も行える。

同社は卸専門の「トレーディングセンター」を大阪で運営していたが、8月10日にこれを閉鎖。今後WEBオークション事業に注力していく。同事業で初年度100億円の売上を目指す。

当面エコリングは自社商品の出品を行いながら、落札相場等のデータを情報開示していく考え。今後、他社商品の受け入れを行う構想もある。

エコリング 桑田一成社長エコリング 桑田一成社長

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

425号(2017/10/10発行)2面

Page top