ブランディア、下取とポイントで自社販路を強化

検索

ブランディア、下取とポイントで自社販路を強化

2017年11月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デファクトスタンダード(東京都大田区)が、独自販路「ブランディアオークション」の強化に取り組む。そのために「下取割引サービス」と「ブランディアポイント」の導入を10月25日と26日に、相次いで発表した。

下取り割引は、ブランディアオークションで商品を落札した際、下取りを選択すれば割引価格で購入できるサービス。1度の注文で上限9999円の割引を受けることができる。

ブランディアポイントは、宅配買取利用時、買取金額の受け取りに「ポイント」を選択すると1%のボーナスポイントを提供するもの。1ポイント1円でブランディアオークションの支払いに利用できる。

同社はブランディアオークションの強化を戦略的テーマとして掲げている。2つの施策で、自社サービスの循環を目指す。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

427号(2017/11/10発行)2面

Page top