アイデクトが社名変更、「ジュエリーアセットマネジャーズ」に

検索

アイデクトが社名変更、「ジュエリーアセットマネジャーズ」に

2017年09月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年上場見据え

ジュエリーの売買やリフォームを行うアイデクト(東京都中央区)が2020年の株式公開を見据え、9月1日に社名変更を行った。新社名は「ジュエリーアセットマネジャーズ」。ジュエリーを資産として管理し活用提案するソリューション事業を核に据える。早期にスケールするために、FC展開も本格的に開始し3年間で100店の店舗網を目指す。現在はジュエリーショップ1社が加盟しており、直営は22店。

市場の成長性を話す藤野匡生社長市場の成長性を話す藤野匡生社長

同社はお客のジュエリーの価値を判定し「売る」「メンテ」「リフォーム」など相談にのるプランニングを行っている。お客の保有ジュエリーを登録管理するDB「マイジュエリーボックス」には10万人の登録がある。業容と事業戦略にあわせて、社名を分かりやすく変更した。

「売りたい需要が顕在化している商品を扱うリサイクルジュエリーの市場は踊り場。しかし売るつもりがない物など含めた家庭内在庫はまだ大量に眠っている。ここをソリューションできるかがポイント。そう捉えればセカンダリージュエリー市場は成長を見込めます」(藤野匡生社長)

同社はマイジュエリーボックスの会員を3年後までに15万7000人、登録ジュエリーを55万個まで引き上げる計画だ。年商は現在約23億円。3年後に39億円を計画している。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

423号(2017/09/10発行)4面

Page top