ITオークション 中古バイク成約相場 4月速報

検索

ITオークション 中古バイク成約相場 4月速報

2019年06月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ITオークション 
中古バイク成約相場 4月速報

情報流通支援サービスのオークネットが運営する、全国約4,400店のバイク販売店が参加するITオークションで、成約した車両を排気量別に分けて集計

〈50cc〜125cc カブ系にも再ブームか〉
原付一種はスクータークラスが人気です。スーパーカブ(ホンダ)も店頭・輸出向けともに堅調な推移が継続しています。二種クラスは玉不足状態が強く、特に現行車は非常に応札が強くなっています。

〈250cc CBR(ホンダ)は50万円台も〉2019052511_中古バイク250ccスクリーンショット.png新車では、R25(ヤマハ)やCBR(ホンダ)、ニンジャ(カワサキ)などの売れ行きが好調です。R25(ヤマハ)は現行では30万円台後半が中心で、ニンジャ(カワサキ)は30万円台前半からとなっています。CBR-RR(ホンダ)は50万円台半ばが中心で最も高い相場を形成しています。しばらくはこの状況が続く見通しです。

〈400cc CB400SF(ホンダ)は人気も10万円台から〉2019052511_中古バイク400ccスクリーンショット.png今月もCB400SF(ホンダ)が人気で、相場共に一番です。相場はバラけてきており、10万円台から50万円台超えの高年式車まで幅広いです。アメリカン系は、シーズンを迎えてはいるものの、良質車が不足している上に、売れ行きは今一歩のところとみられ相場は予想以上には上がってはいないようです。夏場がピークとなります。

〈401cc~ 売りやすい玉に高人気〉2019052511_中古バイク401cc~スクリーンショット.png大型車クラスは高年式車の玉数が少なく高値安定型の動きは続いていますが、一方では幅広く売りやすい相場の車両が人気を集める傾向があります。例えばCB750(ホンダ)は30万円台が人気です。ドラッグスター1100(ヤマハ)は20万~30万円台が中心となります。CB750F(ホンダ)の走行0㎞が153.8万円で落札されました。


同ランキングは毎週木曜に開催される中古バイクオークション「アイ・モト・オーク」で4月中に成約されたバイクが対象

▼関連記事はこちら
ITオークション 中古バイク成約相場 3月速報
JAMPA、初心者向けバイク買取セミナー開催 異業種参入で業界活性化図る
《業界活性化》ビチアモーレ、ロードバイク勉強会を計画

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第464号(2019/05/25発行)11面

Page top