市場動向・行政・団体に関する記事一覧

検索

市場動向・行政・団体に関する記事一覧

  • 「落札DATA」

    練馬五十会市場 落札DATA2024年1月

    市場動向・行政・団体

    2024年02月29日

    宝石時計大会 開催日:1月28日 出品数:2,385点ドル円相場¥147.71 K18相場¥7,766 Pt850相場¥3,852/g 1月大会総評 大会前のIJT(国際宝飾展)では、中国系以外のバイヤーのやり取りが多く...

  • 「海外中古市場データ」

    【海外中古市場データ】紅海のテロの影響で運賃上昇

    市場動向・行政・団体

    2024年02月28日

    海外中古市場データ(日本→海外)2024.1.1〜1.31 中古業界でも高まる海外市場への注目。その実態を探るために、中古輸出最大手企業の売上げや販売個数を定点で追う。 浜屋 電気製品・その他 電気製品 その他...

  • 「俺に学べ」

    ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ【第114回】あれから1年、大きな話題となった認定中古品は

    市場動向・行政・団体

    2024年02月27日

    皆さんは一昨年に古物業界をザワつかせた、「ロレックスの認定中古品プログラム」を覚えていますでしょうか。「そういえば、そんなニュースあったなぁ」なんて方も多いのではないでしょうか。そもそも知らない人のために説明しますと、...

  • リユース企業のための「インボイス制度」解説!「古物商特例」の適用、買取申込書・帳簿記載に留意(2024年版)

    市場動向・行政・団体

    2024年02月19日

    適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まった。古物商の課税事業者には、適格請求書(インボイス)がなくても仕入税額控除を行える特例がある。要点をおさえたい。 リサイクル通信について リサイクル通信は2000年2月に...

  • リユース市場とは?動向と将来性を専門紙が解説(2024年版)

    市場動向・行政・団体

    2024年02月19日

    近年注目を集めるリユース業界(リサイクル業界)とはどんな業界か。 その動向と将来性について、リユース業界専門紙を発行する「リサイクル通信」が解説します。 業界の特性、リサイクルショップのビジネスモデルから、市場規模、将...

  • 「落札DATA」

    JWA(日本時計オークション)落札DATA 2024年1月

    市場動向・行政・団体

    2024年02月18日

    時計・宝石大会 開催日:1月29日、30日 出品数:時計3417点、宝石1519点※全ての落札情報の中から一部を抜粋して掲載しています。 1月大会総評 時計 1月の大会は、例年だと相場がまだ不安定で、成約率も通常時と比べ...

  • 東京古物商防犯連盟、新年賀詞交歓会を開催

    市場動向・行政・団体

    2024年02月14日

    東京古物商防犯連盟(東古連)は1月29日、新年賀詞交歓会を開催した。連盟会員や警視庁関係者を始めとする来賓など、約60名が参加した。 新規古物商向け講習に向け組織強化へ 古物関係者らが会場に集った 会場は御茶ノ水のホテル...

  • 財務省貿易統計2023年1-12月 古着の輸入量が減少

    市場動向・行政・団体

    2024年02月10日

    古着ブームが続くなか、海外から輸入する古着に異変が起きている。財務省の貿易統計によると、2023年(1-12月)の古着の輸入量が減少に転じたことが分かった。円安や世界的なインフレ等の影響で取引価格が急速に上昇したことが嫌...

  • 「リユースマーケティング講座」

    リユースマーケティング講座【第34回】、REUSE×TECHカオスマップ深掘り会

    市場動向・行政・団体

    2024年02月08日

    今回は1/10号の「REUSE×TECHカオスマップ」について、2024年のリユース業界KWと絡めながら少し深掘りをしていきたいと思います。 まず様々な越境ECモールがありますが、自社運営の難しさから、Buyee・Ze...

  • リスマ、フリマアプリ市場調査 中古スマホの総流通金額約229億円

    市場動向・行政・団体

    2024年01月31日

    リスマ(東京都品川区)は、昨年1月~12月のフリマアプリ市場における中古スマホ取引実績の調査レポートを公表した。その結果、フリマ4サービス(メルカリ・ヤフーオークション・楽天ラクマ・ムスビー)上で成約した中古スマホの流...

Page top
閉じる