「電気製品」に関する記事一覧

検索

「電気製品」に関する記事一覧

  • 海外中古市場データ、中東で電気製品の価格が下落

    古物市場・業者支援

    2020年07月30日

    海外中古市場データ(日本→海外)2020.6.01~6.30 中古業界でも高まる海外市場への注目。その実態を探るために、中古輸出最大手企業の売上げや販売個数を定点で追う。 電気製品・その他 中東で電気製品の価格が下落 ...

  • 「海外の二次流通」

    Trash&Treasure、半世紀の歴史持つオーストラリアの日曜青空市《海外の二次流通》

    その他

    2017年02月21日

    広大な会場にATM、トイレ、軽食などを完備 トラッシュ&トレジャーは、オーストラリアのプティ社が運営する同国で最も歴史の古い青空市場だ。メルボルンでスタートしたのは1967年。1970年代初めに規模を拡大し、現在はビクト...

  • アマゾン、買取りサービス再開

    本・ゲーム

    2016年07月10日

    リコマースとMEが実務 アマゾンマーケットプレイスが6月23日から、買取サービスを再開した。 宅配買取りのページ 本やCD・DVD、ゲームソフトに加えて、電気製品や玩具、楽器、スポーツ用品、バッグ、時計など、買取り対象...

  • ハードオフ海外進出

    家具・家電

    2016年06月27日

    ハワイに子会社設立 ハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)が6月13日、アメリカに子会社を設立すると発表した。所在地は、ハワイ州のホノルル市で7月の設立予定。同社副社長の山本太郎氏が代表に就任する。 東南アジアも視...

  • ヒカカク、買値比較 利用者毎月40%増

    古物市場・業者支援

    2015年11月12日

    1年でユーザー15万人に ジラフ(東京都渋谷区)が運営する買取価格比較サイト「ヒカカク」の利用者が、毎月40%増のペースで伸びている。昨年9月にリリースされたばかりだが、10月時点で月間ユニークユーザー数は15万人。同サ...

  • どうなる?電気製品の輸出

    市場動向・行政・団体

    2014年04月17日

    新たな輸出基準、スタート ゴミでなく「中古」証明必要に 4月1日からいよいよ、環境省が定めた輸出時における「中古品の判断基準」の適用が始まった。厳しい制度に、電気製品の販路を海外に持つリユース企業は対応に追われている。 ...

Page top