海外中古市場データ、前月に引き続き自転車の需要高く

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

「海外中古市場データ」

海外中古市場データ、前月に引き続き自転車の需要高く

2020年08月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外中古市場データ(日本→海外)2020.7.01~7.31

中古業界でも高まる海外市場への注目。その実態を探るために、中古輸出最大手企業の売上げや販売個数を定点で追う。

電気製品・その他

前月に引き続き自転車の需要高く

電気製品 その他製品
輸出総額 1億9618万円 9964万円
輸出総数 101,753個 422,840個

■販売額推移

販売額推移

■コメント

●アジア/タイでは家具・雑貨や自転車の需要が高まった。ミャンマーは依然として国境が封鎖されている。ベトナム・カンボジア向けの家電輸出は雨季のため需要が減ると思われたが、7月の輸出額では大きな変動がない。しかし、7月末に感染者数が増加したため8月に影響が出る見込み。フィリピン向けには冷蔵庫の需要が回復し、以前より輸出量が多くなる予想。

●中東/ドバイ向けには自転車メインの需要が急激に高まったが、供給不足のため輸出実績に反映できなかった。

●アフリカ/ケニア向けに自転車輸出、タンザニアに建設機械と雑貨類の輸出があった。ガーナでコロナ禍が落ち着いたことから、自転車の引き合いが微増。

●南米/ボリビアやペルーから自転車やゲーム機の引き合いが多くあった。しかし、輸出はできたものの、ペルーでは地方への移動が未だ制限されており、販売がストップ。ボリビアでも制限された暮らしを強いられている模様。

■国別比率

国別比率

第494号(2020/8/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top