タナクロ、催事でキャンプ用品買取販売 地方で新規顧客開拓

検索

タナクロ、催事でキャンプ用品買取販売 地方で新規顧客開拓

2019年06月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タナクロ

アウトドア用品リユース事業「マウンテンシティ」を展開するタナクロ(埼玉県さいたま市)は、4月に愛知県一宮市のキャンプイベントで買取・販売を実施した。同社は埼玉と福岡に実店舗を4店展開しており、イベント出展によって他地域での新規顧客獲得に可能性を見出した。現在、アウトドア用品における個人からの買取件数は月に500件程。うち約半数を店頭買取が占めている。今後はイベントやネットを通じての買取にも意欲を見せる。

同社はキャンプをテーマにしたイベント「キャンピクニック」に2日間出展した。人気ブランドであるコールマンやスノーピークのテント、チェアー等の中古品を単価5000円〜2万円程で販売。また買取も実施し、当日に売りたい用品を持ってこなかった来場者には、買取額がアップするクーポンを配り、後日の宅配買取の受注に結び付けている。

6-A① - コピー.jpg▲キャンプイベントで買取販売を実施

「これまで買取りの主客層は30代後半から40代前半だが、同イベントの参加者は20代の若い層が多く、新たな層にアプローチできた」(ブランド事業部 事業部長荒島潤一氏)

6-A② - コピー.JPG▲ブランド事業部事業部長 荒島潤一氏

同社では、キャンプにまつわる情報を自社ウェブメディアに週10件以上の記事をアップしている。それを経由させ、ネットを通じた買取受注の流入も強化している。

▼関連記事はこちら
《繁盛店の店づくりVol.200》セカンドアウトドア越谷谷中店(埼玉県越谷市)、アウトドア専門リユース店 大量の品揃えでインパクト
《Sharing Economy》アウトドア用品レンタル「TENT」、 気に入ったら購入も可能
タナクロ、思い入れを会話で引き出し正直対応で信頼築く

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第464号(2019/05/25発行)6面

Page top