「古書」に関する記事一覧

検索

「古書」に関する記事一覧

  • 「思い出の一冊」

    古書かいた、開高健の金言を集めた一冊

    本・ゲーム

    2022年09月22日

    古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十七回目は「古書サンカクヤマ」の粟生田由布子さんの紹介で、「古書かいた」の和田健さんが登場する。 自分の心を見つめる時間 開高健「舞台のない台詞気ままな断...

  • 古本よみた屋、何人もの従業員が独立

    本・ゲーム

    2022年09月16日

    吉祥寺の老舗古書店、古本よみた屋(東京都武蔵野市)からは、これまで何人もの従業員が古書店主として独立を果たしている。代表の澄田喜広さんによれば、古書店にまつわる業務をひととおり習得するのに5年近くがかかるという。おすすめ...

  • 「繁盛店の店づくり」

    繁盛店の店づくり【vol.254】阿武隈書房、仙台に2号店を出店

    本・ゲーム

    2022年09月06日

    福島県いわき市の阿武隈書房が2021年11月、仙台市に2号店をオープンした。出店の狙いは買取りの強化だ。東北最大の都市・仙台市に実店舗を出店し、学術系の専門書の取扱量を増やしたいと考えている。 阿武隈書房 仙台店(宮城...

  • ホンツヅキ三重、三重で大規模古本市

    本・ゲーム

    2022年08月02日

    三重県まちの古本屋さん協会(三重県伊勢市)がこのほど古本市「ホンツヅキ三重」を開催し、約4000人を動員して盛況だった。大規模な古本市は県内では初の開催。個性豊かな古書店が集結し、図書館員の職員とのトークライブを催すなど...

  • 「思い出の一冊」

    しまぶっく、知の巨人・松岡正剛氏の本から 本を選ぶ「編集能力」を磨く

    本・ゲーム

    2022年07月22日

    古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十五回目は「しまぶっく」の渡辺富士雄さんが登場する。 松岡正剛氏の著作 私の思い出の本は編集工学者・松岡正剛先生の本です。どれか一冊というわけではありませ...

  • 選挙割、リユース品をおトクに

    市場動向・行政・団体

    2022年07月10日

    本日7月10日は参議院選挙2022の投開票日だ。これに合わせて、投票することで 割引の特典が得られるサービスが広がっている。投票率の低下を解消しようという試みだ。古書や中古レコードを扱うお店で「選挙割」を導入している例も...

  • 「思い出の一冊」

    思い出の一冊【14回】戦前戦後の情景を切り取った写真

    本・ゲーム

    2022年06月02日

    古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十四回目は「古書 ほんの木」の森下昇平さんが登場する 古き良き東京の姿に郷愁 桑原甲子雄「東京1934〜1993」新潮社 私の思い出の本は、写真家・桑原甲...

  • 「思い出の一冊」

    思い出の一冊【13回】 珍しい折帖仕立ての本

    本・ゲーム

    2022年05月05日

    古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第十三回目は「平井の本棚」のオーナー、津守恵子さんが登場する。 様々な縁がつながり手元に 深沢七郎「みちのくの人形たち」夢屋書店 私の思い出の本は深沢七郎さ...

  • 「古書店探訪」

    本とおじさん、広告会社が展開する古書店 顧客開拓につなげる

    本・ゲーム

    2022年04月20日

    古書を扱うユニークな取組みを紹介します。 広告会社のおじさん(岡山県岡山市)が展開する古書店「本とおじさん」がこのほど開店した。仕入れは店主と関わりのあるクリエイターからの寄贈でまかなう。クリエイター垂涎の専門書を揃え、...

  • 「古書店探訪」

    古本屋かえりみち、手紙を同封する選書サービス

    本・ゲーム

    2022年04月05日

    古書を扱うユニークな取組みを紹介します。 2月に開店した古本屋かえりみち(愛知県春日井市)は手紙も同封する選書サービスを展開する。選書は、お客の要望に応じて店主が本を選んで送るもので、そこに手紙を足すことで同様の取組みと...

Page top
閉じる