ポップサイクル、整理・整頓・清潔を徹底

検索

「スゴ技紹介」

ポップサイクル、整理・整頓・清潔を徹底

2017年03月08日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

環境整備が業務改善に役立つ

ダーツ、パチンコ、パチスロ機器の中古販売とレンタルを行うポップサイクル(埼玉県さいたま市)では社内の整理整頓を徹底し、環境整備に力を入れている。それが社員の気付きにつながり、経費削減や効率アップに成功している。

机の位置やゴミ箱の位置はすべてテープで定位置がマークしてある机の位置やゴミ箱の位置はすべてテープで定位置がマークしてある。
また、什器すべてにキャスターが付いており、掃除の時などにすぐ移動できるようにしている。
事務所の一方の壁は全面ホワイトボードになっており、様々な情報が一括して見られるようになっている

『形から入って心に至る』

ポップサイクルが環境整備に本格的に取り組んだのは2013年3月から。担当グループをつくり、毎朝30分の清掃を行っている他、月1回普段できない場所も掃除を行う。

各グループでは計画表をつくり、社内に掲示。清掃の振り返りも表に書き込んでいる。

その他、月に一度「環境整備 ココが変わったでSHOW!」と題して社員一人ひとりが改善したことを報告する取組みも行っている。

「『形から入って心に至る』と言いますか、まず環境を整備することによって、業務の改善点に気付くことが大切だと考えています」と部長の原澤良和さんは話す。

決まった机がない!? 毎朝30分掃除

同社では毎朝決まった担当の場所を9時から30分間掃除する。イスならイス、棚なら棚と場所を限定し集中して行う

棚には番号が振ってあり、どの棚が誰の担当かわかるようにしている棚には番号が振ってあり、どの棚が誰の担当かわかるようにしている。
このことで、指定の場所に物がない場合も、担当に聞けばすぐにわかるシステムになっている

奥が営業担当など外周りの社員が使うテーブル。フットワ ークを軽くするためイスはなく、立って作業をする奥が営業担当など外周りの社員が使うテーブル。
フットワークを軽くするためイスはなく、立って作業をする。テーブルには高さを出すために脚を足している。
内勤の社員が使う手前のテーブルも、座る場所は決まっておらず、必要に応じて場所を変えている

社内で使用する文具は決まった場所に収納社内で使用する文具は決まった場所に収納。青い引き出しには、青いシールが貼ってあるものを収める

収納場所を決め経費削減

同社では社内の文房具や工具の収納場所を決め、使った人は必ずそこに戻すルールになっている。

社内で使用するペン類は、ここに収納されている数本分のみ。個人のペン類は机周りには存在しない。それでも業務に支障はなく、かえってペンを探す手間が省けたり、余計な文房具を注文することもなくった。

(会社概要)

ポップサイクル(埼玉県さいたま市)
代  表/飯田隆志
創  立/2006年1月24日
従業員数/15名(パート・アルバイト3名含)
事業内容/アミューズメント機器総合取扱。ダーツマシン販売・修理・レンタル、スロットマシン販売・修理・レンタル、ビリヤード取扱全般。その他付帯するグッズの輸出入・販売

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

410号(2017/02/25発行)13面

Page top