メルカリ 修理して出品する人が増加

検索

メルカリ 修理して出品する人が増加

2018年09月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルカリ

「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」結果報告②

修理して出品する人が増加

メルカリが全国のフリマアプリ利用者1032名を対象に実施した同調査で特筆すべきなのが、利用者の大きな意識の変化だ。全体の42.5%が「修理が必要だがまだ使えるモノを修理して出品してみたい」という意向を持っていることが分かった。


この傾向は特に20代では51.9%と過半数を超えており、30代で43.4%、40代で39.1%と続く。その理由として「修理した方が高く売れるから」(65.1%)、「修理した方が買った人が喜ぶと思うから(36.7%)、「修理した方が早く売れるから」(28.9%)という声が挙げられる。
グラフ.jpg


若者は中古品への抵抗が特に薄れていることがわかった。同調査の監修を務める慶應大学准教授の山本晶氏は「調査では『モノを大事にするようになった』『リサイクルを意識するようになった』という回答が数多く寄せられました。循環型社会が実現しつつあります」とコメントした。フリマアプリの登場はリペアなど周辺市場に新たると考えられる。

▼関連記事はこちら
メルカリ 女性関連以外の分野を強化
《仕事ができる人の1日》こだわりのジーンズ修理
【IKEA家具リペアに参入】 修理・下取り・再販の循環型経済へ

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第447号(2018/09/10発行)5面

Page top