ITオークション、中古バイク成約相場【7月速報】

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

「中古バイク成約相場」

ITオークション、中古バイク成約相場【7月速報】

2020年08月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古バイク成約相場

情報流通支援サービスのオークネットが運営する、全国約4,500店のバイク販売店が参加するITオークションで、成約した車両を排気量別に分けて集計

〈50cc~125ccクラス マグナ(ホンダ)人気もUP〉

原付一種クラスのスポーツ車需要はプラスに転じています。マグナ50(ホンダ)などレジャーとスポーツ車は特にしっかりとした相場が展開されています。マグナ(ホンダ)は10万円を超える玉が増加し、エイプ(ホンダ)、ズーマ(ホンダ)なども同様の動向です。125ccスクータークラスは相場がこなれたとはいえ人気高に変わりはありません。PCX(ホンダ)は10万円前後が中心です。

〈250ccクラス 小売20万円車の需要増加か〉

250ccクラス

コロナ回避から、気軽に乗りたい需要でこのクラスの20万円前後までの小売販売が好調との声も販売店から聞こえてきます。もちろん、現行スポーツ車の人気も高くYZF-R25(ヤマハ)の玉数も増加していますが、まだ32万~40万円台が中心です。新発売のニンジャ4気筒(カワサキ)の価格が91万円に高騰し、これが中古車にもどんな影響を与えるのか注目でもあります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第494号(2020/8/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる