即時送金サービス「pring(プリン)」、キャッシュレス買取でリユース企業が導入

検索

「Reuse×Tech」

即時送金サービス「pring(プリン)」、キャッシュレス買取でリユース企業が導入

2021年03月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュレス買取の導入企業が増えている。査定待ち時間の解消や入金までのリードタイム短縮が可能になるため、楽天やブックオフGHDなど大手を中心に普及が進む。一方で中小企業にとって参入障壁は高い。システムの構築などにコストがかかるためだ。こうした中で「pring(プリン)」(東京都港区)の送金サービスが拡大している。

省コストでキャッシュレス買取を実現

シンプルなUIが特徴シンプルなUIが特徴

宅配買取の即時入金「キタムラ」導入

もともとは個人間での送金ができるアプリとして18年3月に開始したpring。19年3月からは「pring法人送金」により法人から個人への送金にも対応し、導入社数は250社を超えた。

リユース企業では「カメラのキタムラ」(運営:キタムラ、東京都新宿区)が2月より導入している。同社のシステムと、pring法人送金をAPI連携し、カメラのキタムラの「直送買取」利用者が査定額に同意すれば、即時に買取金額を受け取れる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第507号(2021/3/10発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる