とこらぼ、地域の不用品を無料回収 幅広い世代が集まる拠点に

検索

とこらぼ、地域の不用品を無料回収 幅広い世代が集まる拠点に

2021年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とこらぼ(広島県廿日市市)は地域のアップサイクル、そしてリユースの拠点として注目を集めている。特徴は年齢を問わず地域の人を集め、コミュニティーとして機能していることだ。地域振興の新しいロールモデルとして、今後広がっていくかもしれない。

地域の人が集まる場となっている地域の人が集まる場となっている

「左官の頃から建築廃材をどうにかできないかと思っていて、仕事とは別でアップサイクルしていた。それが徐々に今の仕事に繋がっていった」と金澤萌代表は話す。

数年前に関東から故郷の広島にUターンし「アップサイクルステーション ナガスタ」を開いた。地域から無料で回収した不用品をリユース品として再販しながら、アップサイクルのワークショップも開催している。活用する廃材として、タイルや玉ねぎの皮を使用するなど、個性的な取組が注目を集め、地域経済誌や地元テレビ番組などで取り上げられた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第524号(2021/11/25発行)20面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる