リスマ、精密機器の相場検索ツール

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

リスマ、精密機器の相場検索ツール

2022年09月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務支援ツールの提供を行うリスマ(神奈川県川崎市)が昨年3月にローンチした、スマホ買取価格の相場検索ツール「スマプラAI」が大幅アップデートされ反響を得ている。これまでは、iPhoneやアンドロイドと主に中古スマホの対応だったが、ほぼ全ての精密機器に対応。導入企業が増加している。

フリマやモールなど16サイトに対応

機種名や容量別、状態などによって一覧で取引価格が分かる機種名や容量別、状態などによって一覧で取引価格が分かる

海外サイトにも対応、レート統一で閲覧可

「スマプラAI」とは、フリマアプリやECモールなどで取引される中古精密機器の取引相場が見られるものだ。主にiPhoneやアンドロイドなどのスマホからタブレット端末、WindowsやマックブックといったPCまで幅広く対応している。

メルカリなどのtoC向けフリマアプリ3社、ECモール3社。10社の企業サイトでの小売価格など計16サイトを参照できる。これまでフリマアプリが主だったが大幅に情報量を増やしている。

国内での取引価格だけではなく、海外サイトにも対応している。現在はフランス発、中古スマホなどのマーケットプレイスであるバックマーケットのみだが、近日中にイーベイも対応する予定だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第543号(2022/9/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる