KARATZの初書籍「宝石図鑑」、 発売1週間で重版に

検索

KARATZの初書籍「宝石図鑑」、 発売1週間で重版に

2023年08月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KARATZ(東京都台東区)による初の書籍「宝石図鑑」が7月21日に刊行され、発売1週間での重版が決定した。同書は世界各地で採れる美しい写真とともに解説する宝石図鑑だ。 各宝石の基本データ、産地別による色の違いと等級、地質学的見地など、細かくスペック表示し、宝石のテキストとして長く使用できるように構成。新基準の誕生石や、これまで見たこともない希少石まで300種超の宝石を収録するほか、宝石名の由来、歴史や伝説、マンガや小説などに登場する宝石も紹介している。

KARATZの初書籍「宝石図鑑」、発売1週間で重版にKARATZの初書籍「宝石図鑑」、 発売1週間で重版に

監修を手がけている小山慶一郎社長によるスリランカやタイの宝石買付の現場レポートなど、KARATZならでは臨場感あふれる要素もある。さらに、宝石の代表的なカット、宝石鑑別の方法、宝石撮影のポイントなど、宝石の初心者に必須な情報も盛り込まれている。ページ数は288ページだが、持ち歩きにも便利なハンディサイズで軽量。宝石の魅力が堪能できる一冊だ。

KARATZの創業は2017年11月。宝石情報メディア「KARATZ Gem Magazine」をはじめ、宝石通販サイトの運営、GIAや国際宝飾展での講演、子供向け宝石講座を開催するなど、宝石に関する幅広い活動を展開している。

小山慶一郎社長の生家は創業85年の質屋で、幼少から宝石に親しんできた。上智大学理工学部卒業後、DeNA、ベネッセコーポレーションを経て、GIA G.G資格を取得し、同社を立ち上げた。

第565号(2023/08/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる