リリーフ、空き家の不用品整理で神戸電鉄と連携

検索

リリーフ、空き家の不用品整理で神戸電鉄と連携

2024年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサイクル通信イメージ画像03

遺品整理や中古品の海外輸出などを展開するリリーフ(兵庫県西宮市)は、神戸電鉄と顧客紹介に関する契約を締結し、2月1日から神戸電鉄の空き家等管理事業の契約者に、リリーフの不用品整理サービスの提供を始めた。

家財の処分やリユースだけではなく、庭の物置撤去や仏壇処分、デジタル機器の処分等にも対応する。 自社で海外にリユースするため、処分にかかるコストの20~40%を削減できるのも特徴だ。専属スタッフによる相談から見積り時の訪問まで全て無料で、見積金額確定後の追加料金は一切なし。作業中に万が一、物損事故が起きた場合も同社の契約保険で対応するので、お客も安心して頼める。

第578号(2024/02/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる