「スペシャル」に関する記事一覧

検索

「スペシャル」に関する記事一覧

  • 「中古売上ランキング2021」

    中古(リユース)売上ランキング2021BEST250(2019年度実績)

    市場動向・行政・団体

    2021年01月08日

    中古売上ランキング2021がまとまった。リユース企業の2019年度実績を基に250社を紹介する。シュッピンが9位に躍進するなどトップの顔ぶれに変化が出てきている。 ゲオHDが不動のトップで、中古売上は約160億円伸ば...

  • 「INTER VIEW」

    ジモティー加藤貴博社長インタビュー 月1000万人超が利用する地元の掲示板サイト

    市場動向・行政・団体

    2021年01月01日

    月間1000万人超が利用する地元の掲示版サイトを運営 クラシファイドサイトと呼ばれる掲示板サイトの国内最大手で、地域での不用品の販売や譲渡のマッチングサイトとしても利用されているのがジモティー(東京都品川区)だ。202...

  • 「コロナ提言」

    コロナに立ち向かった1年、各社来年への道を拓く

    市場動向・行政・団体

    2020年12月14日

    コロナに立ち向かった1年各社来年への道を拓く 流行語大賞が「三密」に決まったように、20年はコロナに振り回された年となった。その中でもリユース各社は自社の強みや存在意義を見直し、再出発をしている。半年にわたる14社のト...

  • 中古市場データブック2020発刊~新型コロナで変わるリユース市場を徹底分析~

    市場動向・行政・団体

    2020年09月29日

    リサイクル通信では10月6日、リユース業界に関する統計をまとめた「中古市場データブック2020」を発刊する。 2020年版では、リサイクル通信独自のリユース市場規模推計を始め、以前から要望の多かった買取の市場規模の推計を...

  • 「コロナで変わる生活様式」

    新たな移動手段「シェアサイクル」がコロナで脚光、利用方法にも変化

    その他

    2020年08月26日

    「シェアサイクル」に脚光 通勤や出前での利用が加速 新型コロナ感染拡大の影響で、「三密」を避ける新しい生活様式が定着しつつある。そんな中、満員電車を避け、自転車利用にシフトする動きが出てきている。特に緊急事態宣言以降、...

  • 主催企業8社への取材で見えた ブランドオークションの未来

    古物市場・業者支援

    2020年07月22日

    新型コロナウイルスの影響で、様変わりした業者間ブランドオークション。本紙でもこれまで主催企業8社を取材し「ブランドオークション最前線~新型コロナで変わる、これまでの常識~」という企画で紹介してきた。各オークションの現況や...

  • 資産価値の見える化 売却需要を喚起

    その他

    2020年07月09日

    消費者の持ち物のリセールバリューを示すことで、売却需要を喚起する「資産価値の見える化」サービスが増えている。消費者は自然に再販価値を把握することができる。 「売ることを前提に買い物をする」意識が高まり、買取の需要を高めら...

  • 「ビデオ通話査定」に脚光、コロナ後も定着の可能性

    市場動向・行政・団体

    2020年06月24日

    緊急事態宣言が解除された後も、店頭への客足の戻りは鈍い。そんな中で、リユース企業各社から続々とサービスの提供が開始されているのが「ビデオ通話査定」だ。ライブ動画を通じて対面で接客や査定を行う。潜在需要を掘り起こす新たな接...

  • コロナで離職、内定切り...リユース企業が救済採用

    市場動向・行政・団体

    2020年06月09日

    エーツー幹部候補20名採用、買取王国PA応募4倍 リユース業界での求人に対する応募数が増えている。エーツー(静岡県静岡市)や買取王国(愛知県名古屋市)は3月以降、新型コロナウイルスの影響で内定取消に遭った新卒者や転職者、...

  • ショウシン商事、中国向けライブ販売 コロナで人気が急騰

    バッグ・時計・宝飾品

    2020年05月24日

    新型コロナウイルス感染拡大の影響でインバウンド需要が激減する中、中古ブランド品の中国向けライブコマースの人気が急騰している。来店が見込めない中国人客に対して、ライブバイヤーを通じて販売する手法が近年注目を集めていた。これ...

Page top