「スペシャル」に関する記事一覧

検索

「スペシャル」に関する記事一覧

  • 査定初心者が使いやすい相場検索ツール

    その他

    2022年05月14日

    リユース企業において欠かせない「相場」。店舗の買取点数や売上、利益が大きく変わる、重要な要素の一つです。この記事では、基本的な相場の考え方と、ブランド・時計に強い相場検索ツールを紹介します。 相場観、鑑定眼を養うには?...

  • 物々交換で人と繋がり、お金を介さない取引に広がり

    アパレル

    2022年04月20日

    思い入れあるものに値段が付かない、フリマアプリでは購入者が見えないなどの理由から不用品を手放すことができない人達がいる。そんな中、お金を介さずに不用品を手放す手段として物々交換が注目を集めている。物への想いをつなぐ新たな...

  • 古着店が同業者に知られたくない「古着卸業者」一覧

    アパレル

    2022年03月16日

    古着ブームを背景に個人や法人の古着事業への参入が相次いでいる。そんな中、裏で古着業界の成長を支えているのが卸業者の存在だ。主に海外で買い付けた商品を卸売りしており、思わぬお宝品が眠っていることもある。古着店にとって仕入れ...

  • ドローンの買取、6月の航空法改正で所有者情報の抹消必須に

    市場動向・行政・団体

    2022年02月24日

    航空法改正に伴い、6月20日より、ドローン(無人航空機)の登録が義務化される。個人から買取りする際には持ち主による手続きが必要になる。国土交通省航空局が管轄する。 6月19日までの登録で、更新までリモートID搭載は免除と...

  • リユース市場予測2022~市場を読み解く5つのキーワード~

    市場動向・行政・団体

    2022年01月06日

    リユース市場規模の拡大や認知が広がる中、リユース企業にはより高度な施策が求められるようになってきている。コロナで生まれた新たな生活様式や技術革新、環境問題など社会の変化に対応するため、リユース企業により一層の進化が求め...

  • BASE(ベイス)で古物商のチャージバック被害が続出

    その他

    2021年11月19日

    160万店以上が利用するというECプラットフォームBASE(ベイス)。個人や中小企業でも手軽にネット販売が始められるとあり、利用者を拡大している。そんな中、チャージバックにより損失を被ったと訴える古物商が続出している。E...

  • 【続報】フリマアプリ仕入れ実質違法、「警視庁見解」に対する古物商ら70人の声とは?

    その他

    市場動向・行政・団体

    2021年11月04日

    本紙9月25日号で報じた『フリマアプリ仕入れ実質違法、警視庁見解「古物法の本人確認等の履行困難」』について読者から意見を募ったところ、賛否両論や異論の声が寄せられた。中でも実態に即し古物営業法の改正を求める意見が多かっ...

  • フリマアプリ仕入れ実質違法、警視庁見解「古物法の本人確認等の履行困難」

    市場動向・行政・団体

    2021年09月24日

    近年取引量が急拡大するフリマアプリ。運営会社は個人間売買の場としているが、中には個人だけでなく法人の古物商が仕入れの場として活用しているようだ。ただ、古物営業法上必要な本人確認を行うことが極めて難しいと見られ、警視庁はH...

  • 「「データでみるリユース市場」」

    リユース業界の市場規模推計2021(2020年版)

    市場動向・行政・団体

    2021年09月17日

    リサイクル通信が独自にリユース市場規模の推計を行ったところ、2020年の市場規模は前年比2.5%増の2.4兆円となった。調査対象とした2009年以降11年連続での拡大。新型コロナの影響により、成長率は減速したものの拡大傾...

  • 2020年リユース市場規模2.4兆円に拡大

    市場動向・行政・団体

    2021年08月25日

    リサイクル通信が独自にリユース業界の市場規模推計を行ったところ、2020年の市場規模は前年比2.5%増の2兆4169億円となった。調査対象とした2009年以降11年連続で拡大。新型コロナの影響により、商材や販売形態によっ...

Page top
閉じる