「インボイス」を含む記事の検索結果

検索

「インボイス」を含む記事の検索結果

  • YBA、上海でオークション

    その他

    2024年06月10日

    ブランド品や古着等の業者間オークション運営を行うYBAグループ(神奈川県横浜市)は、中国現地企業と提携し上海でブランドバッグのオークション開催に乗り出す。開催は来年の旧正月(春節)頃を計画。日本等の海外バイヤーが買い付け...

  • 片岡オート、古物台帳アプリが利用者1000人

    PC・携帯

    その他

    2024年04月15日

    中古トラックの販売等を手がける片岡オート(兵庫県三木市)の提供する、スマホで古物台帳の管理ができるアプリ「古物台帳クラウド」がリリースから1年を迎え、登録者数が約1000人になった。この1年でユーザーから要望を回収し、改...

  • リユース企業のための「インボイス制度」解説!「古物商特例」の適用、買取申込書・帳簿記載に留意(2024年版)

    市場動向・行政・団体

    2024年02月19日

    適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まった。古物商の課税事業者には、適格請求書(インボイス)がなくても仕入税額控除を行える特例がある。要点をおさえたい。 リサイクル通信について リサイクル通信は2000年2月に...

  • 「リユースマーケティング講座」

    リユースマーケティング講座【第34回】、REUSE×TECHカオスマップ深掘り会

    市場動向・行政・団体

    2024年02月08日

    今回は1/10号の「REUSE×TECHカオスマップ」について、2024年のリユース業界KWと絡めながら少し深掘りをしていきたいと思います。 まず様々な越境ECモールがありますが、自社運営の難しさから、Buyee・Ze...

  • 「リユースマーケティング講座」

    リユースマーケティング講座【第33回】、リユース業界の2024年時流予測

    その他

    2024年01月11日

    新年明けましておめでとうございます。今回は「2024年リユース業界における時流予測」について紹介します。5つのKWで2024年を考えていきたいと思います。 ビチアモーレの活用例 (1)買取先行状況を打開する販売力強化 ...

  • REUSE×TECHカオスマップ、業界のインフラから日本のインフラへ

    その他

    2024年01月10日

    リユース業界の拡大にともない、事業者を支援するITサービスは拡大している。事業者の「縁の下の力持ち」として重要な役割を果たすサービスも増えた。そこで本記事では、リユース企業を支援する主要なITツール、延べ136サービスを...

  • リサイクル通信編集部が選ぶ 2023年のリユース業界10大ニュース

    その他

    2023年12月26日

    2023年のリユース業界は、金高騰を背景に買取りが上向くなど好影響な面があった。一方、リユース店が強盗被害に巻き込まれるなど不安が漂う1年でもあった。本紙編集部が選んだ10大ニュースで今年を振り返る。 金高騰で買取好調▪...

  • インボイス制度開始2ヵ月 古物市の7割、免税事業者が出品可

    市場動向・行政・団体

    2023年11月24日

    インボイス制度(※1)開始を受け本紙が10月から11月にかけて古物市場(業者間オークション)へ独自に聞き込みなどを行ったところ、72ヵ所のうち約7割の市場が制度開始前と変わらず免税事業者の出品を可能としていることがわかっ...

  • 「Reuse×Tech」

    Grand Trading、古物市のインボイス対応・会計ラクに

    古物市場・業者支援

    2023年10月27日

    手競りの古物市場のインボイス制度対応を支援するのが、「カイケツ」というツールだ。中古品輸出などを行うGrand Trading(千葉県八千代市)が提供している。売主がインボイス発行事業者かどうかなど、情報を入れ込んで運...

  • 道具市インボイス対応に違い

    古物市場・業者支援

    2023年10月09日

    道具類を競る古物市場の間で、インボイス制度への対応に違いが見られる。仕入税額控除の適用に必要な「インボイス」を発行できない免税事業者に対し、出品(売り)を受け入れるか否かで対応が分かれる。 免税事業者の出品可否焦点に 岐...

Page top
閉じる