佐川急便×オークファン 余剰在庫キャッシュ化

検索

佐川急便×オークファン 余剰在庫キャッシュ化

2017年07月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

返品廃棄22兆円を活用

佐川急便(京都府京都市)が、オークファンの子会社シナビズと提携し、企業の余剰在庫キャッシュ化に取り組んでいる。同社によると、日本には返品や余剰品など廃棄されている商品が年間約22兆円あると言う。これらの回収から買い取り、販売まで包括的に行う。

佐川急便とシナビズが共同作製した動画のキャプチャ佐川急便とオークファングループのシナビズが返品・余剰品を流動化する「リバース・ロジスティクス」に注力。写真は共同作製した動画のキャプチャ

シナビズは、クローズドやエリア限定、CSR型ECサイトなど多様な販路を持っており、排出企業の「非公開販売することでブランド毀損を防ぎたい」「社会貢献活動に活用したい」などの多様なリクエストに応える。同社が運営する「リバリューBtoBモール」もそうした販路の内の一つ。リサイクルショップや個人事業主限定の会員制サイト。賞味期限切れ前食品や日用雑貨などを中心に常時1000点ほど出品されている。

419号(2017/07/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる