即時買取のキャッシュ、未発送リスクに対策

検索

即時買取のキャッシュ、未発送リスクに対策

2017年12月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Gardiaの保証サービス

バンク(東京都渋谷区)が運営する即時買取アプリ「キャッシュ」が、リスク管理の仕組みを整えている。

リスク管理の仕組みを整えている

フィンテック分野特有のリスクを保証するGardiaの保証サービスを利用。ユーザーの不正利用や債務不履行のリスクに備える。キャッシュは保有アイテムの写真を撮影すると即時現金を受け取ることができ、2週間以内にアイテムを発送する仕組み。バンクは買取り金を支払った後で商品を受け取ることになる。2週間経過してもアイテムが送られてこない場合は、Gardiaが利用者にキャンセル費用の請求を行うなどし、安定運営を支援する。

尚バンクは、本人確認にも新システムを導入した。ガイアックスと業務提携し、同社の提供するAPI型本人確認サービス「トラストドック」を利用する。

お客の申請情報と身分証画像をAPI経由で専用システムに送ってもらうことで、オンラインで本人確認の結果を返答する。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

430号(2017/12/25発行)1面

Page top