オークファン、『楽天B2B』事業一部を承継

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

オークファン、『楽天B2B』事業一部を承継

2017年12月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークファンの子会社であるシナビズ(東京都渋谷区)は12月7日、楽天との間で楽天市場店舗向けBtoB仕入れサービス『楽天B2B』事業の一を承継する吸収分割契約書を締結した。

2011年から開始した「楽天B2B」は、楽天市場の出店店舗のバイヤーと、商品を売りたいサプライヤーを仲介するプラットフォームとして利用されてきた。しかし、楽天市場の出店店舗のニーズの変化を踏まえて来年3月29日(予定)をもって終了することになり、サプライヤー企業との出展契約をシナビズの運営するBtoB仕入れサイト「NETSEA」が引き継ぐ形となった。

NETSEAは今回の事により、両者の従来の相性の良さを最大限発揮しつつ、供給が少なかった一部商品を補完することで、増々バイヤー、サプライヤー双方に支持されるマーケットプレイスであり続けるという。

NETSEAの流通高は約70億円で、登録サプライヤー数は4778社、登録バイヤー数は約31万人。

430号(2017/12/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top