《あなたの看板は?》万代 古川店、白黒看板からリニューアル

検索

《あなたの看板は?》万代 古川店、白黒看板からリニューアル

2018年08月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの看板は?

人を引き寄せる看板は"お店の顔"そのもの。
各店、看板にどんな工夫を施したり、狙いを持っているのか取材した。

万代 古川店

4_万代 古川店.jpg

白黒看板から一転
深夜でも目立つ黄色文字

深夜2時まで営業している万代古川店(宮城県大崎市)は、2018年7月21日に看板をリニューアル。
以前は白と黒を基調としたシンプルな物だったが、今の看板は、特徴が3つある。
特徴は、黒地の背景に黄色い文字に青の縁取りがされた物、赤の背景に白い文字をあわせたもの、
黄色の背景に黒い文字をあわせたもの。
色以外に、大きさを変えたり手を加えたことで、目に留まる様になった。
「本当は、同店近辺にあるスーパー銭湯の極楽湯に似た配色が希望でした。
極楽湯の看板は、白い背景に赤黒い色の文字なんです。
流石に隣のお店と似た配色同士が重なってしまうのはあまり良くないと思ったので、
写真の看板にまとまりまし た」(伊藤大輔店長)。

▼関連記事はこちら
《ひと工夫レポート》大通りへ移転し、店舗を露出 新規顧客が増加
LETTERS8、文字専門の中古ショップ
杜の都オークション、仙台にブランド古物市

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第445号(2018/08/10発行)13面

Page top