《Sharing Economy》スペイシー×サイタ、遊休スペースでスキルレッスン

検索

《Sharing Economy》スペイシー×サイタ、遊休スペースでスキルレッスン

2018年11月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12下.png▲サイタのトップページ

遊休スペースでスキルレッスン

貸会議室のシェアサービスを展開するスペイシー(東京都港区)は、学びのスキルシェアサービス「サイタ」を運営するクラウドワークスと提携。スペイシーのシェアスペースをサイタのコーチ・受講生が利用しやすいように整え、レッスンできる場所を提供する。


サイタの受講生からは「カフェなどオープンスペースでのレッスンは周囲の目が気になる」、またコーチからは「予約ができない場所もあり、会場選定が大変」などの声が上がっていた。スペイシーは格安の個室を4900室以上揃えており、防音室やアクセスの良い駅近の個室もある。この提携により、サイタは遊休スペースの利用で会場選定に関する負担を解消でき、スペイシーはコーチを新規顧客として獲得できる。

第450号(2018/010/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる