《ブランド時計真贋 Case.81》ブルガリ ディアゴノスクーバ

検索

《ブランド時計真贋 Case.81》ブルガリ ディアゴノスクーバ

2018年11月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブランド時計真贋


Case.81 ブルガリ ディアゴノスクーバ(フェイスはBB38SS)

買取難易度 ★☆☆☆☆

コメント

ブルガリのディアゴノです。ブルガリブルガリのフェイスで裏蓋の番号がディアゴノの不正品は、よく発見報告があります。ブルガリは根強い人気があるため、不正品も多く見られます。一見して判断がつかない場合、査定に時間がかかることを伝えてしっかり確認しましょう 。専門店に確認を取るのも有効な手段といえます。

H30年9月 九州エリア買取店からの査定品
買取した場合の想定損失額(4~5万円程度)
* 遠隔査定で不正品とわかったため査定中止、買取は阻止できました。


▼(左)不正品  (右)真正品 
1.jpg(フェイス)針の太さが異なる、文字のサイズ感・カレンダーのサイズ感が異なる
*モデル違いのフェイスのため、画像はBB38SSのもの


▼(左)不正品  (右)真正品
2.jpg(裏ブタ)刻印のフォント形状が異なる、刻印位置が異なる


▼(左)不正品  (右)真正品
3.jpg(リューズ側)ブレスレットを留めるネジの深さが異なる


森時計店プロフィール

リサイク ルショップ向けにブランド時計の買取り講習を開催。受講企業数はお陰様で1000社以上に。真贋から買取るためのトーク術など実践型の研修が 好評で、受講後のサポートも行う。

▼関連記事はこちら
《ブランド時計真贋 Case.80》ブルガリ・エルゴン
マキシキャッシュ、時計催事におお蔵が出品協力
《ブランド時計真贋 Case.79》パネライ ルミノール

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第450号(2018/010/25発行)10面

Page top