《Sharing Economy》お花茶屋 森谷邸、1000平米の和風家屋をレンタル験としてオープン

検索

《Sharing Economy》お花茶屋 森谷邸、1000平米の和風家屋をレンタル験としてオープン

2018年12月18日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お花茶屋 森谷邸

10左ー1.JPG▲森谷邸の母屋と庭

1000平米の和風家屋をレンタル
ロケ撮影や宿泊 、アート体験に

東京葛飾の住宅街に佇む、和風家屋「お花茶屋 森谷邸」。オーナーより活用委託を受けたお花茶屋Labo(東京都葛飾区)が、11月にレンタルスペースとしてグランドオープンした。同家屋は書院造の母屋と、離れから成る延べ1000平米超の古民家。

同社では今春より先行して、自社HPやレンタルスペースのサイトを用いて提供を打ち出し、テレビや雑誌、個人のコスプレイヤーらに、撮影ロケ地としてスペースの貸し出しを行ってきた。単月では最大100万円程度の実績を上げている。この度のグランドオープンでは、宮大工による工事を経て宿泊スペースのリフォームが完成。

同社では10月に旅館業営業許可を取得し、今後は滞在型イベントの開催も視野に入れる 。東京オリンピックを控えインバウンド客の増加が予想される東京。同客層に向けて、「尺八・篠笛教室」や「木版画ワークショップ」といったアートをテーマとした日本文化を体験できる場として も提供していく。個人によるレンタルも可能で、予約は3時間以上から。スペースによっては1時間当り500円で利用できる。

10左ー2.JPG▲グランドオープンを記念し尺八演奏が披露された

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》notteco「交通空白地帯埋めたい」
服レンタルのメチャカリ、有料利用者が1万2000人突破
【注目の取り組み】気軽にヨーロッパ暮らしを実体験

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第453号(2018/12/10発行)13面

Page top