《携帯&スマホAtoZ 第81回》2019年 中古携帯業界大予測

検索

《携帯&スマホAtoZ 第81回》2019年 中古携帯業界大予測

2019年02月21日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

《携帯&スマホAtoZ》タイトルバナー

第81回 2019年 中古携帯業界大予測

平成最後の年となる2019年になりました。本年は、端末回線分離プランや中古端末SIMロック解除など業界にダイレクトに関わるものだけでなく、天皇退位、参院選や消費税増税など国民のマインドも変わりそうな年です。今回は2019年中古携帯業界大予測と題して、今年の業界を占います。

中古携帯の安さが消費者に伝わる
分離プランが市場拡大につながる

まず今年は何といっても、4月以降に予定されている「NTTドコモの完全分離プラン発表 」です。昨年すでにKDDIとソフトバンクは分離プランを発表しましたが、ドコモの内容によっては、両社も引き下げを検討する可能性があります。通信料金と端末料金が分かれる分離プランにより、中古端末の最大のメリット「安さ」が消費者に伝わるようになり、市場拡大につながると予想されます。

その一方で、端末代金が高くなることにより、使用年数の増加が予想されます。そうなると中古市場に端末が回ってこないとの恐れもあります。分離プランは中古業界にとって、短期的にはプラスの影響がありますが、長期的には今までよりも仕入れしにくくなる可能性もあります。

続いて、中古端末SIMロック解除解禁。2015年度以降に発売された端末が対象になる予定です。検品時にSIMロック解除有無の確認や、プライスカードへの表示、消費者へのわかりやすい訴求などの対応が必要です。また、海外輸出が容易となり、一旦減った海外バイヤーの増加、貿易会社の参入が予想されます。上記以外にも2018年から引き続き、総務省による「モバイル市場の競争環境に関する研究会」や規制改革推進会議、公正取引委員会の調査が行われます。この3つの事柄も中古市場に影響を与える大きな因子になりそうです。

a.jpg

▼関連記事はこちら
《携帯&スマホAtoZ 第80回》規制改革推進会議中古端末後押しへ
携帯市場 インショップで4店舗同時出店 iPhone修理のフレンドと提携
《携帯&スマホAtoZ 第75回》最近よく聞かれる質問トップ3

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第457号(2019/02/10発行)13面

Page top