《Sharing Economy》メルカリグループ、車パーツフリマ開始

検索

《Sharing Economy》メルカリグループ、車パーツフリマ開始

2019年03月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルカリグループ

7下P.png▲「メルカリ」アカウントで利用できる

メルカリと連携
車パーツフリマ

メルカリ(東京都港区)のグループ会社であるマイケルは、車好きのユーザーを対象としたコミュニティアプリ「カーチューン」において、車パーツに特化した売買機能「パーツ市場」を2月4日から開始した。パーツ市場では社外品や純正品など幅広い商品の出品が可能。10万点以上に及ぶオリジナルのデータベースを活用した車パーツのカタログから選択することで、カテゴリーなどの選択を省略できる。

メルカリにも同時に出品される。近年、メルカリでは「自動車・オートバイ」カテゴリーの出品が増加。
今回の連携で、さらなる利用促進・認知拡大を図る考えだ。

▼関連記事はこちら
MAKE VALUE、中古車パーツで売上85%増
MAKE VALUEが85%増の5億2000万円に、要因は車解体時の中古パーツ販売
JAFRAがYouTubeにチャンネルを開設、動画で中古家具の魅力伝える

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第458号(2019/02/25発行)7面

Page top