エレクトリックマーケット、忙しいから商品に接客させる

検索

エレクトリックマーケット、忙しいから商品に接客させる

2016年06月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合リユースや古着店を3店展開し、月間約1600万円を売り上げるエレクトリックマーケット(愛知県刈谷市)は、『商品が話すPOP』を店内に散りばめている。

「オレ、あと1ヵ月売れんかったら死ぬかもしれん」という哀れみを誘う文句から「オレ、できれば美人の家に行きたい」という笑ってしまうものまで。

くすり、と笑いを誘うPOPくすり、と笑いを誘うPOP

同店のお客は、これを読んで楽しみながら店内を回遊する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

394号(2016/06/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる