イザード、中古レコード ドイツへ輸出 音楽サイト活用し販売

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

イザード、中古レコード ドイツへ輸出 音楽サイト活用し販売

2020年05月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古レコード買取を行う『イザード(神奈川県横浜市)』が国内のレコードをドイツへまとめて輸出することで業績を伸ばしている。

同社は「横浜レコード」の屋号で日本国内での出張・宅配買取をメインに行う。買取ったレコードは、ベルリンにある同社の親会社にコンテナでまとめて輸出し、「Discogs」を通じ世界に販売する。

Discogs(ディスコグス)HPDiscogs(ディスコグス)HP

強みは販路の幅広さと、ドイツの物流インフラだ。「Discogsはレコード専門のヤフオクとウィキペディアが一緒になったようなサイト。買取ったレコードをベルリンでクリーニングし、データをDiscogsにアップして世界に販売しています。またドイツの物流大手DHLなら海外でも1枚600円相当で送れるため、日本から発送するより安く済みます」(小坂ランゲ由維社長)

小坂ランゲ由維社長小坂ランゲ由維社長

現在は月間100件程度の買取、年間2億円を売り上げる。日本のレコードは状態や材質の良さ、また国内独自の「帯付き」レコードがコレクターから高く評価されているといい、山下達郎が根強い人気だ。

第487号(2020/5/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる