ミライノベーションズ、マッチングアプリで売買廃棄建材の有効活用

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

ミライノベーションズ、マッチングアプリで売買廃棄建材の有効活用

2020年08月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃棄建材、アプリで売買

買い手は〝リクエスト〟も

さまざまな中古品売買サービスが登場する中、ミライノベーションズ(神奈川県藤沢市)が建設資材の売買アプリ「TEBU―KURO」を開始した。長年建築業界に携わってきた川本雅史社長は、まだ使えるのに廃棄される資材を有効活用できないかと考えた。

アプリ「TEBU-KURO」アプリ「TEBU-KURO」

「あったらいい」現場の声受けて

20代には建築の現場監督をしていたという川本社長は、使われないまま廃棄される、あるいは使われてもすぐに取り換えられて廃棄される建材や道具を目にしていた。買い手と売り手をマッチングすれば資源の有効活用に繋がるとアプリの開発に挑んだのは2年前。40人近くの現場職人の声を吸い上げると、誰もが口々に「あったらいい」と答えたという。システム構築やコロナなど紆余曲折を経てリリースにいたった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第492号(2020/7/25発行)14面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top