ジモティー、一律50円で買取りを行う不要品持込拠点を展開

検索

ジモティー、一律50円で買取りを行う不要品持込拠点を展開

2020年09月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品の持込拠点を展開

浜屋らと協業、一律50円で買取

スポット運営は協力会社が行うスポット運営は協力会社が行う

地域情報サイトを運営するジモティー(東京都品川区)は、不要品の処分スポット「ジモティースポット」を開設した。予約無しで不要品の持ち込みが可能で、一律50円で買取る。出品や直接取り引きの手間を敬遠していた層を取り込む。

ジモティースポットは8月20日より神奈川県相模原市と埼玉県所沢市で、また9月1日より足立区で開始した。それぞれ浜屋(埼玉県東松山市)、白井グループ(東京都足立区)が協力し、利用者は予約無しで不要品を 持ち込める。品目はリユース可能な家具・家電と自転車。持込品は一律50円で買い取り、提携事業社がジモティーに投稿の上、引取希望者に販売または譲渡を行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第496号(2020/9/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる